ヴィーナスカーブがくるくるになるのは履き方が原因?

ヴィーナスカーブの画像

ヴィーナスカーブの販売は終了しました。
⇒宜しければこちらもご覧ください!

 

ヴィーナスカーブは計算された適度な加圧によって、履くだけでくびれを作ってオバサン体型から脱出させてくれる加圧式ガードルです。

アウターに響かない薄手の素材なので、身体のラインが出やすい洋服を着る時にも重宝します。

その使い方は基本的には履くだけと言われているのですが、口コミなどを見ると、履いているうちにくるくるになって困っているという方がいるみたい…。

そのまま履いていると、もっと悪い評判にもなりかねません。

なぜそんなことが起こるのか?

履き方が悪いんじゃないのって思いがちですが、実はそれより大きな原因が隠れていました。

これから購入してみようとしているのでしたら、そんな問題が起きないようにして下さい。

ここではくるくるになる原因について解説していきますので、参考にしてみて下さいね!

⇒さっそく購入したい方はこちらから

 

どこがくるくるになるの?

疑問を持っている女性の画像

履いているうちにくるくるになるというのですが、いったいどこがくるくるになるのか?

これは裾のところに発生するという事ですので、太ももとウエストの生地の端の部分になります。

ウエストなら、めくれてくるくるになって下がってくる。

太ももなら、くるくる丸まりながらずり上がっていくのですね。

これは結構悩ましい問題です。

特にウエストのところは大変です。

スカートを履いているのであれば、トイレや物陰でサッと直せるかもしれませんが、ウエストはそうはいきません。

それに身体のラインに変な段が見えたら恥ずかしいったらないですね。

『あの人変なインナー履いてる』って陰で言われたり、知らないうちにバカにされるようなあだ名を付けられているかもしれません。

でも、どうしてこんなことが起こるのか?

実は原因のほとんどは、ヴィーナスカーブを注文したときから起こっていたのです!

 

 

ヴィーナスカーブがくるくるになる原因は?

疑問の女性の画像2

ヴィーナスカーブが履いている間にくるくるになる原因は、【サイズ選びの間違い】がほとんどを占めています。

それ以外にも原因はあるのですが、多くの原因はサイズ選びだといって間違いありません。

 

サイズ選びの間違い?

採寸している太った女性の画像

ヴィーナスカーブはロングタイプのガードルです。

胸の下から太ももの中ほどまでをカバーする作りになっています。

この長さが問題で、自分の体型よりも小さなサイズを選んだ場合には裾がめり込んでしまいます。

そして履いているうちに、裾にお肉が乗り上げるようになってめくれてしまうのです。

これがくるくるの始まりとなります。

よって、こうならないためにも、自分に合ったサイズを選ぶ事が大事になるのです。

ヴィーナスカーブのサイズ展開は2種類です。

M-Lサイズ 「ウェスト64~77㎝/ヒップ87㎝~100㎝」
L-LLサイズ「ウェスト69~85㎝/ヒップ92㎝~105㎝」

購入前には採寸する事を忘れないで下さいね!

 

 

姿勢の悪さが原因の事も…

 

サイズが正しかったとしても、履いている時の姿勢が悪ければくるくるになる事があります。

この場合はウエストのところがくるくるになります。

太もものくるくるは、姿勢が悪くても発生しません。

真っ直ぐ立っている時ならウエストの裾の部分はしっかり上がった状態になります。

動く事によって、多少ずり下がる事はありますが、くるくるにはなりません。

でも、座っている時などに前屈みになっていたら、お腹にお肉が集まって裾に乗り上げる形になります。

するとどんどんめくれてきて、くるくるが始まってしまうのです。

特にパソコンやスマホに集中している時や、書類などの書き物をしている時は要注意ですね。

また、姿勢が悪いと骨盤にも悪影響ですので、背筋を伸ばして過ごす事を心掛けて下さいね。

そうすれば、くるくるに悩まさせることもなくなり、さらにヴィーナスカーブの骨盤矯正効果がより早く感じられるかもしれません。

 

洋服でこすられてくるくるに?

 

もうひとつ考えられる理由が、洋服とヴィーナスカーブがこすれてめくれてくるという事です。

もっともこれはある程度は仕方ないと考えるしかありませんね。

服を着ないで外出するわけにはいきません。

身体にピッタリした服を着れば軽減されるかもしれませんが、身体を動かす作業をする人には無理があります。

あと対策としては、ストッキングを利用するという方法があります。

太もも部分の対策ですが、ヴィーナスカーブの上からストッキングを履く事でくるくるの発生を抑える事ができます。

ウエスト部分に関しては…。

くるくるになるところを折り返して履くという方法もありますが、正しい使い方ではありませんね。

サイズと姿勢でほとんど解消されると思われますので、それでも発生する時にでも試してみて下さい。

あまりにもしょっちゅうくるくるになるのでしたら、日中の着用を止めるのもアリかと思いますよ!

 

 

ヴィーナスカーブの履き方

ヴィーナスカーブの履き方は、基本的にはストッキングを履くような感じで大丈夫です。

片足ずつ手繰って、それぞれの脚の付け根まで引き上げます。

あとはウエストまでグイっと引っ張ったら完成です。

毎日寝る前に履いて、そのまま朝まで過ごします。

この繰り返しが、骨盤を矯正してくれてスタイルが改善され、痩せやすい身体へと変えてくれるのです。

始めはキツいと感じるかもしれません。

でも、慣れると心地よい加圧に感じられると思います。

だから毎日履くようにして下さいね。

面倒だから…とか、昨日履いたから…などの理由をつけて履かない日を作らないようにして下さい。

⇒こちらのサイトもご覧ください!

一晩かけて少しずつ矯正された骨盤は、ヴィーナスカーブを履いていない時間にはどんどん元に戻ろうとします。

なので、せっかく購入したのなら、頑張って毎日履くようにして下さいね。

公式サイトではまとめ買いキャンペーンを開催中です。

この機会に洗い替えも用意してみては如何でしょうか?

⇒キャンペーンで購入するならこちら

 

 

ヴィーナスカーブの効果的な履き方?

ヴィーナスカーブの効果は、寝ている間に履くだけで発揮されます。

しかし、その効果をより強く発揮させる方法がありました。

 

日中も履く!

骨盤矯正はヴィーナスカーブを履いている時間しか効果がありません。

よって、履いている時間が長い方がより効果が発揮されます。

という事で、出来る限り長い時間履き続ければ、より高い効果が期待できるのです。

日中も、夜の寛いでいる時も、そして就寝中も。

お風呂の時間以外はずっと履き続けることで、その効果は強くなります。

でも、体調が悪い時にはやめて下さいね。

あくまでも無理のない範囲で頑張ってみて下さい。

履くだけでお腹が凹んでスタイルがよく見えますから、タイトな洋服にもチャレンジできるかもしれませんね!

 

鏡の前で履く!

何も考えないで履くのと、鏡の前で体型をチェックしながら履くのでは、その効果は変わってきます。

生地のヨレや曲りもチェックできますし、気になるお肉がどこに行ったのかをチェックする事も大切です。

お尻のお肉は上に引き上げるように、脇腹のお肉は後ろに逃げないようになど…。

なりたい体型を意識して履く事で、気になるところに効果的に加圧がかかります。

きっと気が付いた時には、気になっていたお肉がなくなっているかも…。

 

運動を取り入れる!

ダイエットの基本は運動です。

でも、それが嫌だからヴィーナスカーブを選んだという人も多いことでしょう。

だからそんなに大げさに考える必要はありません。

普段の生活からちょっとだけ変える事で効果は現れます。

・歩く姿勢を気にしてみる
・歩くスピードを速めてみる
・座っている時にお腹を凹めてみる
・テレビを見ながらストレッチをする

こんな事で十分です。

出来る事があれば取りいれてみて下さい。

そしてそれが習慣になれば、どんどん効果を感じられるようになります。

余裕があれば、食事にも気を付けてみて下さいね!

⇒ヴィーナスカーブの公式サイトはこちら